» スマホ・携帯関係のブログ記事

2017年2月3日 スマホをY!mobileからUQ mobileに変更してみました。
MNPを使って電話番号とSMSは変わらずで、基本料金を2980円→1980円(1年間、2年目は2980円になる)へ下げて、データ通信容量制限は1GB→2GB(2年間)にアップ出来ました。
2年使用して契約更新時期なので解約料は無しで変更にかかった費用はMNP手数料の3240円と端末残金1ヶ月分(無いと思っていたら翌月払いの時差があった)の1620円だけです。
上野は丁度、Y!mobileショップとUQ mobileショップが近いので解約移行がスムーズに出来ました。
使用していたY!mobileの端末は貰えたので、WiFi接続でいろいろ実験したいと思っています。

6月9日にも少し紹介しました様に、8月に海外旅行を予定しており、海外で利用する電話およびネットをどうするか、いろいろと模索していました。
これがベストとは言えませんが、ネットで調べたところ、緊急連絡用に持っていくだけなら、月額基本料金がかからない海外旅行用携帯「mobell」のワールドSIMカードを使うのが良いと思い、このSIMが使える携帯(スマホ)を探してみました。

DSC_0056

手持ちの評価用端末ではSIMフリーは無かったのですが、ドコモショップで、3240円を支払えばSIMフリー化出来る端末(P-01D)があったので、早速近くのドコモショップでお願いしてSIMフリー化しました。ショップ店員がどうやってSIMフリーするのかを見ていましたが、2種類の方法があるみたいです。1つはSIMフリー化専用SIM(機種毎に異なる)を入れて暗証番号を入力する方法と、SIMフリー化専用SIMを入れないでもSIMフリー化出来る機種があるみたいです。ちなみにP-01Dは後者でした。SIMフリー化された端末に、Y!mobileのSIMを入れて動作を確認しましたが、問題無く通話が出来ました。次に、予め入手していた「mobell」のSIMを入れて動作テストしましたが、こちらも得に問題なく簡単に動作しました。但し、電話番号は国際電話となり、国内でも電話番号の前に +44 が付いた番号になります。また、国内の相手に電話をかける場合は +81からの国際電話番号扱いになります。

とりあえず、初期費用は5258円で出来た事になります。[SIM代1998円(無料通話1000円込み)+端末SIMフリー化手数料3260円=5258円]390円/1日(通話料は別)のレンタル電話もあるので、これが安いかどうかは個人の判断によって違うとは思います。実際に海外で利用して評価してみたい所です。

(後日、台湾の台北韓国ソウルでも利用出来ました。 パリとハワイも評価のチャンスがあったのに時間が足りなくて未評価で残念です。

前回、紹介した無料地図アプリのナビ機能を実際にオフライン端末で上野→末広町間で試してみました。
結論から言うと十分に使えます。シンプルなカーナビと言うか、ウォーキング、サイクリング用には十分です。
GPSで現在位置を示している場所を登録し、目的地を選んで、経路、開始をタップするとナビが始まります。経路から外れると外れている距離の表示もあります。シンプルですが、無料で地図+ガイドと思えば十分です。
これで昨年消費税アップ前に購入した小型ポータブルナビとタブレット版のカーナビが不要になりました。
20150611_01 20150611_02 20150611_03 20150611_04 20150611_05
現在位置を設定  目的地を設定    経路をタップ   開始をタップ 目的地までの距離表
20150611_06 20150611_07 20150611_08 20150611_09 20150611_10
後は進んだ距離とルートを確認しながら進む       目的地に到着 コースから外れた表示
機種変更で不要になったAndroidスマホ端末(SB)をGPS地図として使えないかなと思い、検索した所、GPSと連携した無料オフライン地図を見つけ評価した結果、結構使えるのことを確認しましたので紹介します。
Androidアプリ「Google Play」で見つけたアプリ。 「MAPS.ME – オフライン地図」
20150609_01 20150609_02 20150609_03 20150609_04 20150609_05

キッカケは8月に海外旅行を予定しており、慣れない土地なので現地でGPS地図を使えるものはないかなと探した結果です。Androidアプリ検索を開始して数分で見つかり、こんなに簡単に、アレって感じですが探して良かったです。

現在使用中のスマホの海外持出しは、不要な着信および意図しない通信で高額な国際ローミング課金が気になるので、携帯は通話専用のレンタル携帯を利用するため、あくまでも無料WiFi以外は利用出来ないので課金される心配はありません。
アプリインストール後に、使用場所の地図を手動でダウンロードします。日本は関東、中部、近畿などの地区単位で、地図のダウンロードが出来ます。海外も国単位および国によっては地区単位でダウンロード可能です。
また、事前に行く場所を見ながら地図上にマークを付ける事が出来るため、非常に便利です。
フランス・パリの場合は下記のアプリも使えそうです。
尚、キャリア及び機種変更後、端末を有効利用する方法を考えていましたが、昨年から利用出来ていたので気付くのに半年以上かかりました。
通常はスマホは解約後(SIMカードが残っているケース)ではデジカメ、ワンセグ、マルチメディアミュージックプレイヤーとしては使えます。
また、GPSが使えてWiFiも使えますので、WiFiが使える場所では、ブラウザーも使えネットの地図は使えてましたが、当然現在利用中のスマホでも利用できるので結局、必要性も感じていなかったので、半年以上出番は無かったですけど。レンタル携帯は現時点では下記を予定しています。
次は、現地で安く使えるSIMでモバイルルーター又はデザリングのを検討したいと思っています。

アーカイブ